毎日の食費の節約術について

SITE NAVI

高速料金の節約術としてETCの利用

毎日の食費の節約術について 一般道と高速道路があるとき、高速道路を通ったほうが早く行くことができます。また道に迷いにくい利点があります。一般道は信号であったり、曲がり角、などがあります。場所としては直線距離で行けそうなのに一方通行だからと別の道路を利用したりしないといけません。高速道路なら目的のところまで直線的に伸びています。非常にわかりやすくなっています。利点は多いのですが有料のところが多いです。お金をかける価値があるかを判断します。

高速道路に乗るときは料金の支払いをします。料金所でチケットをもらい、出るときに支払います。区間共通の場合は入るときに支払うところもあります。手渡しで現金を支払うと時間もかかります。節約術としてはETCの利用があります。セットをしておけばバーが自動的に上がりそのまま通り過ぎることができます。今はETC専用のところができているのでほとんど並ばずに通ることができます。時間短縮に貢献しているようです。

時間だけでなく料金にも影響します。ETCを利用した場合に特別に割引されることがあります。これは高速道路によって違うもので、早朝割引、深夜割引などがあります。初めていくようなところは割引タイムを考慮していけるようにします。

Copyright (C)2018毎日の食費の節約術について.All rights reserved.